_

記事一覧

現場からの帰り

ファイル 58-1.jpg ファイル 58-2.jpg

10月の下旬現場からの帰りの西の空。
深まり行く秋空の夕日を眺めながら、
ラジオから流れるニュース、ミュージックを聞きながら帰社。
フッと田舎の幼少と学生時代、東京へ来てからのサラリーマン時代、
そして今。自分の生きてきたことに思いが回想。
歳のせいかな? 多少お疲れか?
レポートで「生」と「死」について書く機会あったからか。

ファイル 58-3.jpg ファイル 58-4.jpg

「生」を得た時から「死」への旅が始まり、「生」あるものは必ず「死」がある。
だいたい80回くらいの春夏秋冬を感じ、29,000日位の日数。
「辛い」ときは長く、「幸せ」(喜び)は短い。
文字をよく見ると棒一本の違い。
チョットの我慢と勇気と笑顔だ。「一怒一老・笑門来福」なり。
さあ、家つくりは聖職。真面目な家つくりでしか世に貢献できないのだ。

早く直してやらないと、そして、心のゆとり、責任と感謝

ファイル 57-1.jpg

・台風大暴れで屋根棟板金が… 早く直さないと 手配手配!
・地震・大雨・台風と自然の驚異が続いてます。
・日本はこのような大陸、位置にあるのはしかたない。
・そんな中でよく対応できる日本人は大した者で自信もっていい。

諦めず・怯まず・一歩一歩前進
そして
・綺麗な秋の紅葉間近!
・四季折々の風景が心を豊かにしてくれる。
・風景を眺める心のゆとりを常に持つように。

・失敗は人間だからあるけど、最小限にとどめないと。
・今日は失敗した費用分引いて最終金お願いにいってきました。

失敗の原因は再確認ミス

失敗は自分の責任「因果応報」で
成功は協力者のおかげで感謝忘れずに

単純ほどむずかい事はない

ファイル 56-1.jpg

今日土地探しと現地確認に行ってきました。
暑い一日でしたが何とかお客様の希望に合えばいいな。
そして、受注できれば最高。
競合あるからどうなるか??

全国高校野球も始まりだ。
故郷の高校は優勝候補と対戦です。
高校時代野球ではないですがベスト8で県予選敗退。

今も平均年齢60才以上のチームでソフトリーグ戦最中です。
先日は先発で4本もホームラン打たれ敗戦。
20才台の高校野球出身の青年にはパワーで負ける。
野球の勝つ方法は2つしかない。
「相手より多く点をとる」
「相手に点を与えない」

単純だけど単純ほどむずかい事はない。仕事も同じか?

失敗発生しました!

毎日暑い日々が続いてます。
高校野球の地区予選もこの暑い中熱戦のようです。
こんな中失敗しました。

内容:バルコニー改装工事で発生

出巾寸法の説明不足からです。
お客様に図面を渡し、現状より少し出巾が少なくすることを、
図面を渡して寸法明記しておいたのですが、
お客様は改装前と同じ寸法だと思っていたとのこと。
説明不足かな?
でも、結論とすれば説明不足なのです。
お客様が理解していないのだから。

話し合いの結果、少し減額することで落着しました。
各業者が暑い中一生懸命仕事し、お客様もそれを見ていて
工程通りの完了でご満足いただけたようでしたから、
やり直しはせず、少しの減額でご納得いただけました。
各業者にも感謝です。

説明と理解の大切さの痛感。
『図面渡しているから見ているはず、だから理解しているはずはダメ』
野球なら『攻めて、守って、走って』でも、ミスがでた方が負けるのと同じ。
『トラブルは全て自分から生まれるのである』
教訓なり。

いい土地がなかなかない

土地を探しているお客様が何名かいらっしゃるのですが、
なかなかいい土地がない。
自分が住むとしたらこの土地は??
変な妥協で(仕事欲しさに)勧めたくはない。
20、30年先を考えて。
融資も可能だけど極力返済のことも考えてあげないと。

難しいです。一生懸命探すしかない。
安易な妥協はしないようにしないと。

『お客様のことをまず優先。仕事欲しさは封印して』
『末長いお付き合いできることが私共の会社の未来の成長なり』

暑い季節に体調万全で、頭の中も万全で。変な誘惑に負けないこと。
一歩一歩確実にしっかり先を見て。


ファイル 55-1.jpg ファイル 55-2.jpg

前進の灯りが灯れば出来る

地震・火災・津波・液状化・原発と一度に5つもの事態。
誰もが驚きそして大きな絶望感に陥り、そして現実をしっかり見て、今それぞれが
『真っ暗闇の自分の未来に灯りを灯し』始めているようだ。
〝がんばれ〟〝負けるな〟〝ひとつになろう〟などなどの言葉はもういらないのでは。

国民の代表者達よ、『灯りを大きくすること』の議論を早く。
多額の費用掛かる国会。『裁判所』ではない。
本当に今一番どうにもならない人達で、選んだ私も同類か?

国会の始まる前に皆で
『過去は後、未来への議論、○○日に結論を』
と誓い始めてほしい。

仮設住宅の建設には地元の人たちを雇用してしているのかな?
地域の工務店でもできるように思うけど?やはり国、県出入りの企業かな?
2DKで結構な金額らしいと耳にする。

半年くらい先かな私達の仕事である住宅関連の復興が?悪い会社でないように。


ファイル 54-1.jpgファイル 54-2.jpgファイル 54-3.jpg

_